新着情報
2011/01/17 11:35
上杉鷹山
上杉鷹山
 
 
1751-1822江戸時代中期の大名。
寛延4年7月20日生まれ。秋月種美の次男。上杉重定の養子となり,明和4年出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩主上杉家9代をつぐ。細井平洲に師事。竹俣当綱(たけのまた-まさつな),莅戸(のぞき)太華らを登用。倹約を奨励し,農村復興・殖産興業政策などにより藩財政を改革した。天明5年隠居。跡継ぎの治広にあたえた家訓「伝国之辞」は有名。文政5年3月12日死去。72歳。